産科で働く看護師に求められるスキル

看護師の勤務場所の一つとして産科が挙げられます。産科は女性に特化した診療科となることから、あらゆる職務を女性看護師が中心になり行う事が基本とされています。それゆえに、産科ならではの専門的なスキルも必要です。

産科の看護師の職務は、妊娠期における母体の健康状態の管理や、分娩前の血液検査や尿検査など、各種の検査業務などが主です。現在、高齢出産の比率が高くなっているため、検査業務の重要性は増してきており、新たな検査方法や使用される薬剤についての知識に習熟しておく事が必要とされます。また、分娩後にも母体の健康状態を確認するための検査を実施する事も多く、産後の健康指導なども行います。

産科の特徴として挙げられる点は、いつでもお産に対応できるよう24時間体制での看護が提供できる状態にあることです。場合によっては帝王切開などの手術も必要になる事から、看護師にも手術に特化したスキルや知識が求められます。例えば、帝王切開の手術の際には、医療機器で母体の状態を把握しながら手術が行われるため、医療機器の準備に加え、検査機器の操作法やデータの読み取り方もマスターしておく事が重要です。

その他、産後の女性に対しても育児指導や健康管理法などについて指導する職務を任される事が多く、育児に関する深い知識とケアを行うためのコミュニケーションスキルが求められます。このように、産科での看護師業務は多岐に渡るため、幅広く専門性の高いスキルを身に付けることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です