精神科で働く看護師に必要なスキル

ストレスが原因とされる精神疾患は多様化してきており、精神科の担う役割が重要なものとなってきています。そのため、精神科における看護師のニーズも高まっており、鬱病をはじめ、ストレスが原因とされるパニック障害や身体的な異常など、医師の提供する様々なケアのサポート業務が求められます。

精神科で働く看護師に求められるスキルとしては、対人スキルが挙げられます。クリニックなどの小規模の医療機関の精神科では比較的軽度な症状を扱うことも多く、そのような患者の抱える心的な負担をコミュニケーションで緩和することが求められます。

また、自傷行為などを頻繁に繰り返すような重度のケースも見られるので、医師の診療方針に従い、患者との交流を通じてメンタル面のケアを適切に行うなど専門性の高いスキルも必要です。

精神科の中でも、入院設備を完備する大規模な医療機関の場合は、重度の精神疾患を患っている方が多いので、代理で患者に必要な生活上の行動をサポートする必要もあります。施設内のレクレーションに一緒に参加したり、意識を失いがちな患者などは常時監視しておく事も必要不可欠です。

その他精神科の看護師に求められることには、薬剤の知識があります。各精神疾患で異なる薬剤の名称や効能、それに伴う副作用なども把握して、適切な配薬を行う事が必要とされます。精神科という診療科目の場合は、医療機関の中でも専門的な知識を必要とするケアが多いため、この分野に特化した知識とスキルを習得しておくことが必須と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です