療養型の施設で必要な看護師のスキル

看護師の職場には、理学療法などを提供する療養型の施設などもあります。療養型の医療機関は身体機能の回復に努める事が目的とされており、日常的な動作に関連する運動能力の回復を目指したケアが実施されています。また脳の機能に障害が出て言語機能や思考能力に問題のある患者に対しては、様々な訓練などを行いながらケアを提供するなど、患者一人ひとりに合ったケアを実施しています。

療養型の施設では、主に理学療法が用いられており、代表的なものでは電気マッサージや、身体各部に温度差を与える寒冷や温熱療法、特殊な光線を照射して神経回路の伝達を促すものなどが挙げられます。また、特定の身体機能を促すためにレクレーションなどを用いてリハビリを行う事も多く、看護師は身体機能に不具合の出ている患者のサポートします。

療養型の施設に勤務する看護師は、理学療法士と連携して、患者の運動能力や脳の機能の回復に努めますが、基本的な看護業務ももちろん行います。バイタル測定や注射、点滴などの健康管理に関する仕事は、看護師の大切な役割です。また、高齢者への対応が多くなり、中には脳の機能に問題があり言語能力に支障が出ている方や、記憶力が極度に低下している方などへ対応することも必要です。そのため、各種の機能障害に対応できるスキルも身につけておく事が大切でしょう。

療養型の病院で働くメリットとしては、突発的な病状の変化などを伴う患者が少ないことが挙げられます。早急な対応を迫られる事が少ないため、比較的穏やかな雰囲気の中で働くことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です